MENU

体目当ての関係は長くは続かなかった

私の恋愛でのいざこざっていうと、以前付き合っていた女性との別れ話でです。

 

時期は今から2年前で私が31歳で結婚歴無しの独身男性、彼女が25歳でx1で子供が一人で交際期間は半年目ぐらいになってた頃です。

 

私は元々結婚する気はありませんでしたし、彼女自身は嫌いではありませんが結婚して他男性の子供の面倒をみるなんてうまくいくわけはありませんし、そんなことで経済的負担を強いられるとかありえないって感じてました。

 

彼女の方も一応そういうのは感じていたのもあるでしょうし、交際期間も半年と短かったのでそういう話は持ち出してきてませんでした。

 

体目当てか?といわれると、正直言うとYESでしたし、長引く前に関係は切らないとダメだなって思ってました。

 

そんな時に気になりだしたのが彼女のヒステリーです。

 

ケンカした時、こちらは理路整然と話し合いたい方なんですが、彼女はただ泣き喚いて不満をわめき散らすだけで、こちらと話し合おうという姿勢にはならないんです。

 

最初の頃は、こういうヒステリーも表に出してきてませんでし、私も最初の頃は彼女に対して甘かったのでこういう展開にならなかったんですが、交際が長引いてくるとお互い嫌味の一つも言うようなり、ヒステリックな部分が露見したわけです。

 

電話をかけてくるものの泣き喚くだけで会話にならないし、仕事中ということもあり電話を放置してたんですが、仕事帰りに携帯を見ると着信履歴が100件以上でとてもビックリし、これが私の心の中で決定的なものとなりました。

 

それ以降は、私の方も仲直りしたいどころか以下に彼女と別れられるかってことで話をするわけですから、彼女のヒステリックがとんでもないものになってきました。

 

そのうち、仕事場に乗り込む(彼女に仕事場は教えてはいません)、警察に訴える(彼女曰く、私から強姦されたと訴えるということでした)とか言い出す始末です。

 

さすがにここまで来ると私も呆れ果て、完全無視をするようにしました。

 

一度だけ自宅前の駐車場で彼女に待ち伏せをされていたんですが、その日は自宅に帰らずにマンガ喫茶で一夜を過ごしてから仕事に向かいました。

 

この時の無視が一番効いたのか、結局それ以降待ち伏せのような行為はありませんでしたし、電話もだんだんとかかってこなくなり、無事関係を解消できましたが、私からするととんでもないいざこざでした。